犬のしつけ体罰

犬のしつけと体罰

犬をしつける際の体罰が必要かどうかについては絶対に良くないとする否定派と、体罰も必要という肯定派とに分かれます。体罰場肯定派の場合でも怒鳴り散らす、強く叩くという意味では決してありません。

 

子犬は本来、親犬に噛まれることで群れの中のルールを教えられてきました。この習性を考えると、物事の善悪は身体の痛みによって教えた方が良いのではないかというのが肯定派の考えの一つです。肯定派の方にとっても、決して犬を感情的になって叩くなどの体罰はしてはいけないという考えです。

 

犬の悪い行動、してはいけないことをしたときに体罰を与えることは、とても分かりやすい叱り方です。飼い主の怒っているという感情をストレートに伝えることが出来るので、そのタイミングと痛みの与え方さえ間違えなければ、犬は一度で善悪を理解することも可能なので、問題行動がエスカレートすること防ぎます。これはやってはいけないことなのだと犬自身が理解してくれます。

 

しかし、体罰を与えるタイミングを少しでも間違えば、犬は何が原因で体罰を受けたのか、理解できなくなってしまいます。なぜ怒られたのか判らない状態です。このことは犬に痛みと恐怖心のみを残してしまうことに。この様なことが続いてしまうと体罰を受けたことによる精神的なトラウマは犬自身なかなか消し去ることが出来なくなってしまいます。。

 

体罰をせずに犬をしつけることは勿論可能です。犬のしつけのチャンピオンのしつけ方法とは?

 

犬のしつけ優勝者のしつけ法は?


ホーム RSS購読 サイトマップ